3.20 SAT [ UNITE ] ONDO 6th ANNIVERSARY
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/7

3.20 SAT [ UNITE ] ONDO 6th ANNIVERSARY

  • 開催日

    指定なし

  • 開始時間

    指定なし

¥3,000 税込

※こちらは電子チケットです
※別途発券手数料2%がかかります

SOLD OUT

音楽食堂ONDO 6th ANNIVERSARY 3.20.SAT [ UNITE ] !!!! Limited 60 People !!!! ▪︎Open 21:00 ▪︎Adv. 3000 yen / Door 3500yen [ LIVE ] KUNIYUKI TAKAHASHI (Mule Musiq) SOFT [ VJ ] フジタナオキ [ DJ ] FUKUBA MASANARIXXX ( After Life ) [ FLYER ] HAROWORKS プロフィール ------------------------------------------------ [ KUNIYUKI TAKAHASHI ] 札幌を拠点に活動するKuniyuki Takahashi。彼の音楽は、国境を問わず常に独特の世界観を持ち、世界各国のプロデューサー、DJから高い評価を得ている。Joe Claussell主宰[Natural Resource]から自身のホームタウンであり、札幌のクラブをトリビュートした曲「Precious Hall」をリリース、4HeroのDegoのレーベルのコンピ参加、Ananda Projectの名曲「Cascades of Colour」のリミックス・リリースや、[Mule Musiq]よりシングル「Earth Beats」をリリースし、各DJから圧倒的な支持を得た。2006年よりファーストアルバム「We are Together」から現在まで数々のアルバムをリリースし、2012年のアルバム「Feather World」でも過去のアルバムでも参加したジャズピアニストの板橋文夫や盟友Henrik Schwarzも参加し、新境地へと進んだ。近年はDJ NatureやVakulaなどの海外アーティストとの共作や、DJ EMMA氏のプロジェクト"ACID CITY"のコンピレーションに収録されてる「Acid Air」はDJ Harvey、Gilles Peterson等もプレイする。2017年、自身のルーツとなるニューウェーブなどを取り入れたNewwave Projectによる新しいアルバムをリリース。2018年はオランダのMusic From Memoryより80年代からの過去の未発表作品をリリース。また7月にはJoe claussellのレーベルより「Precious Hall」のリリースから約16年の歳月を経て新曲をリリースした。近年はヨーロッパ、南アフリカ、ブラジル、メキシコ、カナダ等含め国内外でのliveも精力的に行い、即興性とダンスミュージックを融合した独自のスタイルでliveを行う。 [ SOFT ] 93年京都にて結成。 当初はプログレ、ハードコア、ノイズ等の影響をうけライブハウスを中心に活動。この頃1st.アルバム、12inchをリリース。97年頃から、テクノをはじめとしたダンスミュージックの洗礼をうけ、当時DJ中心であった野外レイブや、アンダーグラウンドパーティーで生演奏を行い、新たなシーンを牽引。活動の場をシフトしていった。またこの頃より、野外パーティーを中心に国内各地をツアーで回り始 め現在にも繋がるアンダーグラウンドネットワークを形成していった。 ダブ、ハウス、ヒップホップ、ファンク、ジャズ、アフロ、ラテンetc.と雑食性を増しながら、現在も新たな刺激を獲得すべく、日々邁進中。 これまでに8枚のアルバムと1枚のリミックスアルバム、2枚のライブアルバムをリリース。2度のアメリカツアーを経験。日本中のアンダーグラウンドシーンとリンクし、その交遊関係、活動の場は、ジャンル、世代を超え多岐にわたる。結成25周年を迎えた2018年には9年ぶりとなるスタジオ・アルバム「TOKINAMI」をリリースし、益々精力的な活動を展開している。 http://www.softribe.jp/ https://ja-jp.facebook.com/softribe/ [ フジタナオキ ] フジタナオキ(Non Beat) 東京流れ者。 TV、コンサート、MV等、数々の映像を制作し、その映像を映写するだけでなくカメラを使ったフィードバックによりその場で新たな光を作り出す。 空間に漂う音霊を捕まえ、数台のカメラ、プロジェクターとミキサー、スイッチャー駆使し、加色法、減色法により音と光と闇を溶け合わせる光霊術士。 [ FUKUBA ] 92年NYへ渡りunderground party "After Life"でplay。 96年帰国後、都内のレギュラーパーティーを中心に各地で活動。 2011年島根へ移住、ご縁に導かれDJする人。 [ MASANARIXXX ] 1986年広島生まれ山育ち、最近チヌ王。広島の老舗”Bar edge”にて、2011年より開始したAFTERLIFEを現在も主催し、毎月第1金曜日、最高の一晩を存在させてくれている。2018年に酒都西条”ぱっきゃまらど”で天アワー(10時間)DJをやり遂げたが、ナチュラルにONし続けるそのタフさで、ホルモン屋~地元のお祭り~キャンプ場~クラブまで、相変わらず音を鳴らし続けている。いちパーティー好きとして遊び体験した色んな音楽は自然とそのプレイにも現れ、ジャンルレスでありながらも彼の良いが詰まっている、潔良く痛快なDJはいつもその場をバッチリにしてくれる。